私には合わない!タッチインソル メイクアップブーマー。

ホログラムパールを使用した化粧下地です。パッケージに書かれていたキャッチコピーは、「超優秀!光のベースメイク」でした。普段使っているファンデーションやB.Bクリームに混ぜ込むだけで、内側から輝くようなパール肌になれる!という口コミをSNSで目にし、まんまとノせられて購入しました。発信源は韓国コスメ好きの友人のアカウントです。価格は1,620円と、プチプラコスメにしてはそこそこ良いお値段です。

ネット通販で購入し、早速手にとってみたところ、思った以上の緩いテクスチャ。不安を覚えつつ肌に塗り込んでみましたが、テクスチャが緩すぎるせいでどうも馴染んでいる感じがしません。油っぽさが目立ち、オリーブオイルを直接塗り込んでいるような感覚でした。ホログラムパールを売りにしているだけあって、使用後は当然肌がラメ状にキラキラ光ります。が、上からファンデーション(ホイップタイプのもの)を塗ってみると、ややムラが。また鏡の前でみるならまだしも、外で自分の顔を覗き込むと強烈な違和感。いつもより油っぽくギトギトしている上、ホログラムパールの効果でやたらと光を反射します。遠目に見れば、ただ皮脂が分泌されすぎている人では?といった印象。
パッケージからわかる内容物の印象は、真っ白です。

しかし実際に手にとってみると、伸びがよく透明になってしまいます。白く見えるのはホログラムパールの効果だったんだな、と再確認。なので、期待していた美白効果は全く得られず、少々がっかりしました。もう少し肌になった際に白く見える効果があれば、あるいはテクスチャがかためのものであれば、また印象も違ったかもしれません。また、商品の説明には「ファンデーションの上からハイライトとしてもお使い頂けます」とありましたが、油分たっぷりのこちらの商品をファンデーションの上から塗ってしまうと、メイク崩れを起こすのでは?という懸念もあります。「乾燥による化粧崩れ防止」という謳い文句については、問題ないかもしれません。ハイライトだ、化粧下地だ、美容オイルだと宣伝文句を欲張ってしまっていたため、結果的に購入者のハードルを必要以上に上げてしまっていたのだと思います。単純に「ホログラムパールを配合した、乾燥肌の人向けの化粧下地です!」とのキャッチコピーでよかったのではないでしょうか。他の人の口コミを見ていても、宣伝効果と実際の商品に乖離があるためにかなり損をしているなあ、というイメージです。

コーセー雪肌精のCCクリームに、つい浮気心が芽生えて買ったけど失敗!

私は、長年ずっと、コーセーの雪肌精BBクリームを使ってきました。とても気に入っていたし、こちらのBBクリームで何の問題もなかったのですが、ついつい浮気心が芽生えて、CCクリームを購入し、見事に失敗してしまいました。

というのも、半年ほど前のある日、ドラッグストアに行った時に、雪肌精のコーナーでBBクリームの隣にCCクリームが置いてあるのを見かけました。見かけた時は、「ふ~ん、雪肌精からもCCクリームが出たんだな」という程度で、特に興味も持ちませんでしたし、しばらくその存在自体忘れていました。それから一月くらいして、手持ちのBBクリームが無くなりそうだったので、そろそろ買わなくてはと思った時、あのCCクリームのことを思い出しました。「そういえば、雪肌精のCCクリームってどうなんだろう」、ふと、私はそう思って、ネットで口コミの情報を見て見ると、これが、なかなか評判が良く、私が使用しているBBクリームよりもかなり評価が高いことがわかり、私の心が揺れ始めました。だって、いくら今使っているものに何の問題がないとしても、評価の高い商品の存在を知ってしまうと、そちらの方が気になってしまいますよね。そこで、結局、今回は長年使ってきたBBクリームをやめて、CCクリームにトライしてみることにしました。
ドラッグストアで購入する時に気付いたのですが、価格的にCCクリームの方が1000円ほど高く、2600円ほどだったと思います。そして、このことが、私にさらなる期待を起こさせました。だって、雪肌精自体がもともとプチプラな方なのに、その中で1000円高いということは、かなりいい成分が入っているのではないかと思ったのです。
購入して、最初に使用する時は、期待感でいっぱいでした。口コミでは、CCクリームなのにかなりカバー力があるとか、これ一つで透明感のある素肌っぽいナチュラルメイクが出来るとかいろいろ書いてあったので、かなり楽しみにしていました。そして実際使用した感想はというと、、、。
確かに口コミに書いてある通り、塗る時の感じは、伸び力もあるし、かなりカバー力もあります。けれど、塗ってしばらくすると、とにかく乾燥します。夕方になるともうカピカピと言っていいほどです。口コミにはあまり乾燥するというようなことを書いている人はいないので、私の使用方法が悪いのかと思い、CCクリームを塗る前にいつも以上に化粧水でたっぷり保湿して使用するようにしたのですが、やはり乾燥するのです。BBクリームの時は、こんなことはありませんでした。
結局何をどうしても、乾燥は防げず、その後、BBクリームを買いなおして、今はそちらを使用しています。私には長年使用してきたBBクリームの方が、文字通り、肌に合うようです。
雪肌精のCCクリームは私には合いませんでしたが、口コミを見るとやはりいい商品だと思います。もし今、自分に合うファンデーションやBB、CCクリームがないなと感じている方は、試している価値があると思いますよ。

MACの口紅は素晴らしいけど自分に似合わなかった。

今から4年前、大学2年生の時に
MACの口紅を買いました。オレンジとローズの2本。
1本約3,000円、マットな質感で発色の良い口紅でした。

買った動機は、華やかな色味の口紅が欲しかったのと、
デパートコスメに興味があったからです。
東京大丸の化粧品フロアで、
たまたまMACのコーナーに立ち寄って口紅をみていたところ、
店員さんに声をかけられて
口紅をいろいろタッチアップさせてもらうことになりました。
当時はリップメイクに憧れていたので、
華やかな口紅で今までやったことのないメイクに挑戦したり、
服とのコーディネートを楽しんだりしたいなと思っていました。

オレンジとローズの口紅を2本購入しましたが、
実際使ってみてまずはやっぱり発色が素晴らしかったです。
スティックの色がそのまま唇にのりました。
離れた距離から見ると、より口紅の色がはっきりと見えます。
それから、MACの口紅はバニラの甘い香りがして、
つけている間とても良い気分になりました。

しばらく愛用していましたが、
ふと違和感を感じるようになりました。
私が買った口紅はマットな質感のものでしたが、
それが自分には似合っていないような気がしてきました。
何となく肌に生気が感じられないような感じで、
グロスなどのツヤツヤしているリップ類を使った時と比べて
顏が老けて見える気がしました。
また、マットなタイプは唇が荒れている時には
使いづらいです。
ツヤのあるタイプならごまかしがきくのですが、
マットなものだと唇の荒れが露呈してしまいます。
私はどちらかというと唇が荒れやすいので、
唇のコンディションが少しでもよくないと使えませんでした。
それから、オレンジはまだしも
ローズは自分に似合っていないと感じるようになりました。
童顔だからか、濃い色の口紅は相性が悪いのかもしれません。
店頭でタッチアップしてもらった時はとても素敵な色に思えたのですが、
自然光の中で見るとすごく老けた感じに見えました。

MACはファッション誌で必ず見るくらいの有名ブランドで、
とても評判が良かったので、それに憧れて買ったのもあります。
しかし、実際つけるのと映像や紙面などで加工された状態では
色の見え方が違いますね。
また、自分がつけるのと他の人がつけるのとでも全然違います。

この体験から、自分に似合う色を知っておくことはすごく重要だと感じました。
何色が似合うか判断が難しい場合は、
せめてツヤが似合うか、マットが似合うかだけでも知っておくと
化粧品選びの失敗が少なくなると思います。

アルビオンのエクサージュのクレンジングオイルで失敗したこと

もう10年以上前になりますが、アルビオンのエクサージュのクレンジングオイルを購入したことがあります。元々そのメーカーの、別のクレンジングオイルを使っていたのですが、伸びがよくてメークがきちんと落ち、しかもしっとりするのが気に入っていました。ところがそのオイルが販売されなくなったので、エクサージュの物を試してみようと思ったのです。値段はカードで購入したのではっきり覚えていないのですが、3000円もしなかったと思います。

前に使っていたのと同様、メーク落ちと使用後のしっとり感に期待をしていました。しかし実際に使ってみた結果、期待していたのとは違うことがわかりました。まずメークの落ちは確かにいいですし、前に使ってたのよりもやや軽いタッチですが、顔中によく伸びてくれます。ただこのオイルは、使用後のしっとり感がなくてかさついてしまうのです。購入した時期が、ちょうど秋の終わりから冬にかけての、乾燥する時期だったということもあるかもしれません。クレンジングの後は顔全体がかさかさして、特に目の下や口元などがかなり突っ張った感じになります。その後保湿を十分にするようにしましたが、それでも突っ張り感が消えないので、結局そのオイルをあきらめて、他社のクリームを使うことにしました。前のオイルと同じ効果を期待したのに、乾燥したという点で期待外れだったと思っています。実際その商品は、女性誌のクレンジングやスキンケアのページでも紹介されており、オイルを馴染ませてマッサージすると保湿効果がありますなどとあっただけに、かなり悔しく感じられました。恐らくはもう少し若い世代とか、または乾燥しにくい肌の人向きだったのかもしれません。また私の場合、オイルだけを単品で使っていたのですが、このシリーズのスキンケアラインを使っていれば、そう感じなかったのかもしれません。その後は同じメーカーの他のアイテムは購入しても、クレンジングは買わなくなってしまいました。このメーカーはスキンケアには定評があると思っていますので、その意味では本当に残念でした。やはりスキンケアアイテムは、その人によって合う合わないがありますので、購入を考えている人は、口コミサイトなどでチェックしてみることをお勧めします。普通肌であっても、冬になると乾燥肌気味になる人は多いのではないかと思います。そういう人はクリームタイプとか、ミルクタイプなどのクレンジングを使ってみた方がいいと思います。

買って失敗だった!?セザンヌのUVクリアフェイスパウダー

購入して失敗した…と思ったコスメは「セザンヌ UVクリアフェイスパウダー」です。購入したのは2018年7月頃です。たまたま使っていたフェイスパウダーが底つきてしまい、今度はほかのものを使ってみたいということでネットで「プチプラ」「フェイスパウダー」「UV」で出てきたのがこのフェイスパウダーでした。ユーチューバーの動画から火が付いたとか。普段、下地やリキッドファンデーションを塗ったうえからパウダーをはたくため、UVカットできるなら、あまり色はついていなくていいと思っていたのと、「透明感がいい」「肌がきれいに見える」などの口コミを見て、クリアを購入しました。色は他にも肌色タイプがあるようです。

私が求めていた使用感は適度なカバー力と、UVカットできるかでした。使っていたものはSPF35あり、事務仕事の私には十分。それでも子供のお迎えなどは紫外線あびるため、そこそこ満足していたんですが、さらに安く購入して、安心して外に出られないかなと思ってしまったんです。結果欲張りでした。

実際使ってみて、とにかく白いんです。クリアではなく、ホワイトじゃない?ってくらいです。私の肌色は色白でもないけど黒くもなく、いたって普通の肌色です。相当色白の人じゃないと合わないでしょ…という白さでした。また、口コミにはあったけどパフがとても安っぽいです。私はブラシでつけてそれでも白かったので、付属のパフでつけたらそれこそ舞子さんみたくなってしまうんではないかと思いました。たぶんのっぺり付きます。

某口コミサイトをよく確認してから買ったので、サクラなのかモニターした人がよく書いてみたのか分かりませんが、よく書きすぎじゃない?と思いました。それかやはり色白さんの口コミかなと。透明感がすごい!とか、高級のから切り替えました!とかはちょっと大げさというか。悪いところはパフくらいしか書いていなかったのです。白くて使えなかったなんて探した限りはなかったです。でももっと最後まで確認すれば出てきたかもしれませんが…。

今回の経験から、某コスメサイトは悪い評価からも見てみること、そしてこれを使いたい人にはとにかく白いパウダーだよ、とお教えしたいです。いいブラシでつけたらもしかしたらよいのかもしれませんね。私はいいものは持っていなかったので、ブラシを変えたらというのは分かりませんが、気になるようであれば試してみる価値はあるのかもしれません。

育毛剤で買う前に見ておいたほうがいいサイト→※警告!スカルプDメディカルミノキ5には騙されるな!

Aesopイソップのシャンプーを買って失敗した私の経験。

Aesop イソップ のシャンプーとコンディショナーは、以前からインスタグラマーさん達の間で香りが良いと評判でした。
去年ぐらいからちょこちょこアップされ始めていて、香りはともかく、そのお洒落なボトルに目が釘付けでした。
そしていつか使ってみたいなと思っていたのですが、ちょっとお値段がお高めだったので、
今のシャンプーが終わったら。。。。とか、次のお給料日にお店の前を通ったら。。。。と、

素敵だとは思っていたのですが、すぐには手がでませんでした。
Aesopのシャンプーとリンスを使ってから髪質が柔らかくなったとか、カラーのもちがいいとか、評判は上々です。
まあ結構良いお値段だし、そこは当然ですよねと思っていました。
何度も良いお値段と書いていますが、本当にこれがけっこうなお値段でして(しつこいですね 笑)
種類がいくつかあるのですが、500mlのボトルシャンプーとコンディショナーを購入すると、大体1万円ちょっとします。
シャンプーとコンディショナーで1万円超えって、ちょっと小市民には考えられなくないでしょうか。
まあそういう私も、その時点でシャンプーとリンスで8000円くらいのを使用していたのですが。
でもそれはどちらも800ml入りで、大事に使ってだいたい3か月くらいは持つので、
300ml違ったら1か月は違ってきますから、そこは大きな違いですよね。

そして、種類が豊富すぎるのも迷いに拍車をかけていました。
ネットなどでも購入できるものだけで5種類。5種類って多くないですか?
大体化粧品でも乾燥肌用、普通肌用、オイリー肌用の3種類で、多くても混合肌用が入って4種類なのにシャンプーが5種類って。
でもそれだけ多くの人がベストな商品を選べるように考えられた商品なんですよね。
ちなみに健やかな髪を保ちたい方はAesop CLシャンプー、頭皮の乾燥やかゆみが気になる方はAesop CMシャンプー、
頭皮が脂っぽい方はAesop EQシャンプー、ヘアカラーをしている方はAesop CPシャンプー、
髪がまとまりにくい方はAesop NTシャンプー、髪が細くコシが無い方はAesop VMシャンプーです。

ちなみに私は迷った挙句1か月ほど前に、髪が細くコシが無い方向けのAesop VMシャンプーとセットのコンディショナーを購入しました。
とにかく良い香りは間違いないだろうし、髪の毛がつやすべになるのを期待して使用開始しました。
使用してみての感想は、香りはたしかにとっても良いです。爽やかな香りなのですが、安いシャンプーみたいなミント!みたいな香りだけでなく、
深い爽やかなグリーンの香りがします。
しかし、使い心地が今一つ。日本人(私)の髪質には合わなかったのかな。
洗い上がりはとってもさっぱりで、毛穴の汚れまですっきりした気がします。
そう、薬用シャンプーの使い心地に似ていると思います。
髪の毛をしっとりさせるというよりは、いかに地肌をすっきり綺麗に洗い上げるかに特化したシャンプーです。
特に、薬用シャンプーの多くがたとえシャンプーでキシキシしたとしても、コンディショナーを使えばそれが中性化されて、
髪に柔らかさが戻るところ、全くといっていいほどそのままでした。
シャンプーとコンディショナーをライン使いしないと起こりがちな現象が、シャンプーとコンディショナーをライン使いしても起こってしまいました。
私の髪が傷みすぎていたか、髪質に合わないのが原因の大部分と思いますが、ちょっとショックでした。
なにせ最初から髪が細くコシが無い方用を選んでいるのですから。
なので、香りが良いというみんなの意見は本当でしたが、やっぱり使ってみないとわからないというのが一番ですね。
お得だからと最初から500mlのボトルを購入しましたが(あと、このボトルが可愛いから買ったみたいなところも大きいのですが)
もっと少ないお試しサイズもあったので、もっと慎重に購入したら良かったですね。
でも本当に香りは良いですし、500mlのボトルが可愛いので後悔はないです。
やっぱりインスタ映えするものは可愛いです。